標準ブラウザをSafari以外のブラウザに設定できる「Browser Changer」

脱獄
iOSの標準ブラウザはSafariですよね。
AppStoreにはたくさんの便利なブラウザアプリがありますが、残念ながらリンクを選択したときに呼び出されるブラウザをSafariから変更することはできません。
そこで「Browser Changer」を使うことでAppStoreで配布されているブラウザアプリにデフォルトブラウザを変更でき、メールやメモ帳などのアプリからブラウザを開くときに選択されたブラウザで開くことができます!
スポンサーリンク

導入方法

Browser Changer
価格:無料
Repo:BigBoss
このリンクをタップしてインストールしてください(iOS端末用)。
上のリンクがうまく機能しない場合は「Browser Changer」と検索してインストールしてください。

アプリ紹介

Browser Changerの設定から選択したブラウザにデフォルトブラウザを変更することができます。
デフォルトブラウザに選択すればメールやメモ帳などのアプリからブラウザを開いた時に選択したブラウザで開くことができます。

メモ帳などからブラウザを開くと…

選択したブラウザで開くことができます!

選択可能なブラウザは、「1Password」「Chrome」「Mercury」「Puffin」「Firefox」など有名なものはほとんどあると思います。

設定

設定アプリにBrowser Changerという項目ができるので、そこで設定できます。

上から
[GENERAL]
・Enable Changer:この脱獄アプリのオン・オフ。
[BROWSERS]
・Enabled:下の設定から選択したブラウザをデフォルトブラウザにするかしないか。
・Default Browser:デフォルトブラウザにしたいアプリをここで選択できます。

[MAPS]
・Enabled:GoogleMapsアプリをデフォルトのマップアプリとして使用するかしないか。

脱獄
スポンサーリンク
ナオをフォローする
お気軽にコメントどうぞ
ナオ的ブログ